フィキサチーフ

鉛筆や木炭、パステルなどの定着性の弱い描画剤を定着させるために使う。
フィキサチーフ、フィキサ、フィクサチフ等と呼ばれるものは全てこれ。

スプレー式のものと、液体のものを霧吹きで吹くタイプのものがあるが、前者が便利で主流。溶剤に樹脂を溶かしたもので、樹脂で画面上の粒子を固定する。溶剤にはアルコールが使われているものと石油系の溶剤を使っているものと2種類がある。アルコール+樹脂のものは溶剤が早く揮発するので便利だが、画面の中に染料(染料系カラーインクや、顔料を染料で着色しているような色材)を含む場合アルコールが染料を溶かして色がにじんでしまう事がある。石油系の溶剤を使ったフィキサでは染料が溶ける事は無いので、染料を使った絵具でも安全に保護する事ができる。一般的に鉛筆・木炭用フィキサはアルコール系で、パステルフィキサは石油系の溶剤を使っているので描く絵によって使い分ける。

○パステル+フィキサ
鉛筆や木炭用につくられた、樹脂成分の多いフィキサをパステルに使うと色調が重くなったり彩度の落ちる事がある。
パステルやその他カラーのものを定着させる際にはパステルフィキサを使う。

○クレヨン&クレパス+フィキサ
クレヨン・クレパス専用のフィキサが売られているので、それを使うと良い。

○ガッシュ+フィキサ
ガッシュ(アクリルガッシュや不透明水彩絵具全般)に吹き付ける。ガッシュはマットな質感があるが、硬いものでこするとその部分だけつやが出て光ってしまう事がある。ガッシュにフィキサを使う事で、画面をこすり傷に強くする事ができる。但し多少強くなるという程度なので、こすり傷対策をするなら紙に挟んだり額に入れる方が確実。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *