Flash Liteで作成したswfファイルのテスト・動作確認まとめ

PC版Flash Playerでは、携帯向けに作成したデータの確認ができません。
例えば、
・携帯では動かないような重いデータでも動作してしまう
・携帯専用のActionScriptが動作しない
などの違いがあります。

そのため専用のツールや実機を使用して検証を行います。
この記事では3パターンの確認方法を書いています。

 PC上でのエミュレーション実機確認デバッグ用のツールを使用する
メリット様々な環境でどう動作するか見られるPC上では再現しきれない不具合もカバーできる不具合の原因箇所がわかりやすい
デメリット実機と動作が完全に一致しない場合がある本体や確認環境を用意しないと検証ができない扱うのに知識が必要

PC上でのエミュレーション

Adobe Device Centralを使用する
CS3以降のFlashやPhotoshopに付属するツールです。
機種ごとのプロファイルが用意されていて、各機種でのメモリ使用量やエラーログ、スクリプトの動作状況を見られます。
iモードHTMLシミュレーターIIを使用する (Windowsのみ)
docomoから提供されている無料の開発用ツールです。
fscommand2で取得できる値をツール側で設定できます。
電池最大容量等も変更できるため、au、softbank向けのデバッグができます。

実機確認

実機でswfファイルをダウンロード&再生する方法は、各キャリアごとに異なります。

docomoswfをサーバーにアップロード後、DL
auPCからswfファイルをメール添付
swfをサーバーにアップロード後、DL
待受として設定したり、データフォルダからすするには、実行できます。
Softbankswfをサーバーにアップロード後、ブラウザで開く
Softbankはデータフォルダ内でキー入力を拾えないため、ASでoncommandを使用している場合の動作検証はブラウザで行います。

デバッグ用のツールを使用する

・trace関数を使う
 ActionScriptの関数のひとつで、動作確認に使われます。
 ASの動作がわからない時、変数にどんな値が代入されているかが見られます。

Flash Decompiler Trillixを使用する
 swf内部の画像やシェイプ、AS等を見られるツールです。
 動作がおかしい場合の不具合箇所を見つけるのに使います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *