美術部

デザインと美術の技術情報

Home Flash Lite パスとビットマップのメモリ/ファイルサイズ比較

パスとビットマップのメモリ/ファイルサイズ比較

Flashで画像を置く際の最適化のポイントとして
「複雑で面積の小さなものはビットマップで、単純で面積の大きい図形はパスで」
というのは良く聞かれますが、その面積のボーダーラインを正確に把握していなかったので実験してみた。


この画像で大きさを変えながら検証。使ったFlaファイルはこちら

以下、FlashCS3、DeviceCentralCS3+プロファイルW52Kでのテスト結果

26x26px 76x76px 180x180px 240x240px
パス
(Flash上での曲線数:360)
Heapメモリ 145KB 152KB 155KB 156KB
ファイルサイズ 1KB 1.1KB 1.4KB 1.5KB
PNG-24
(Photoshop「Web用に保存」)
Heapメモリ 108KB 130KB 238KB 340KB
ファイルサイズ 0.5KB 2.4KB 7KB 10.4KB
PNG-8 16色
(PNG-24→Pngquant→OptiPNG)
Heapメモリ 107KB 113KB 142KB 169KB
ファイルサイズ 0.4KB 1.6KB 4.6KB 6.6KB

おおよそこんな感じのまとめ。
 ・アイコンのような要素はビットマップ画像が向いている
 ・背景にあたるような要素はパスが向いている
 ・どちらとも言えない大きさの画像の場合、メモリ重視ならビットマップ、ファイルサイズ重視ならパス
 ・VGA端末向けのデータの場合、パスを使用した方が良い場面が多い
 ・QVGA端末向けのデータの場合、ビットマップ画像を使用した方が良い場面が多い

なお、この結果はパスの曲線数や複雑さ、ビットマップ画像にした際は色数に左右されます。

 ・サンプルファイルよりパスの曲線数が多い場合
  …ビットマップにした方が良い場合が増える

 ・サンプルファイルよりビットマップ画像の色数が多い場合や画像が複雑な場合
 ・またはビットマップ画像としてJPEG形式の画像を使用する場合
  …パスにした方が良い場合が増える

適宜読み替えて、どちらを使ったら良いかの判断の目安にしてください。
迷ったら両方作って比較するのが一番。

個人的には
・PNGを減色すると消費メモリもかなり大きく落ちる
・明らかにビットマップの方が良い面積と、明らかにパスの方が良い面積の中間にあるグレーゾーンがとても広い
の2点が「ここまで大きく出るのか、、」という感想。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://pw6.jp/flashlite/vector_vs_bitmap/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
パスとビットマップのメモリ/ファイルサイズ比較 from 美術部
pingback from FlashLiteのメモリーオーバー対策まとめ | 美術部 09-12-26 (Sat) 15:01

[…] Newer […]

Home Flash Lite パスとビットマップのメモリ/ファイルサイズ比較