3DCG

CGの中でも、3次元の情報で成り立っているもの。
代表的な3DCGを扱うソフトにShade、メタセコイア、六角大王などがある。

3DCG制作の過程は大きくモデリングとレンダリングに分けられる。
モデリングはその対象を作っていく作業で、この時に物の形や質感が決まる。針金細工や粘土で立体を作っていく作業に似ている。
レンダリングはその立体に対する光や見る角度を決め、細かい設定をした後立体をどう平面上に表示させるかを決める。これは完成した立体の写真を撮る作業に似ている。
モデリングとレンダリングはその両方の作業が1本のソフトでできるものもあるが、それぞれモデリング専用ソフトやレンダリング専用ソフトもある。

テレビ画面やパソコンのモニターに映し出す為にはレンダリングが必要になる。レンダリングされた後のCGは平面の情報になるので、2DCGと同じような処理ができる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *