アクリル絵具

アクリル樹脂を糊剤とした絵具。
水性のものが主流で水彩絵具に分類されることが多いが、有機溶剤で溶く油性タイプのものもある。
水性アクリル絵具は更に2種類に分けられ、アクリルポリマーエマルジョン(水中にポリマーを固体の微粒子の状態で分散させたコロイド状の液体)に顔料を混ぜたエマルション型の絵具とアクリル樹脂そのものが水溶性のものがある。エマルション型はリキテックスやアクリルガッシュ等のチューブ絵具に見られ、水溶性型はエアブラシやペンで使うタイプのインクのような絵具に多い。

どのタイプのアクリル絵具も速乾性で乾くと耐水性になり光、紫外線、折り曲げに強い強固な皮膜をつくる。
薄塗りで透明水彩絵具に近い表現ができ、不透明なアクリル絵具を使う事によりガッシュのような表現も可能。また厚塗りで油絵具のような表現もでき、 トールペイントやエアブラシ、 ネイルアートにも良く使われる用途の幅広い絵具。
アルカリに強い為コンクリート等にも描画する事ができ、紙、キャンバスの他様々な素材に描く事ができる。メディウムの種類が多いのも特徴。

アクリル樹脂は非常に接着性が強いので、砂など様々な素材を混ぜて使う事ができる。また、コラージュの接着剤として利用する事もできる。柔軟性もある為布や曲がる物に塗っても亀裂が入る事が無く、乾燥すると透明になる為様々な素材に使用できる。

グロスメディウムやアクリルメディウムを市販の顔料と混ぜてオリジナルのアクリル絵具を作る事もできる。ただ、アクリルエマルションはアルカリ性である為アルカリと化学反応を起こしてしまう物質を使うと顔料が変質する事がある(一般的な顔料で言えばローズマダー、プルシャンブルー等)。

また、アクリル絵具は他の一般的な絵具(岩絵具、水干絵具を除く)よりも濡れ色(乾く前の絵具の色)と乾き色(乾いた後の絵具の色)の差が大きい。これはアクリルポリマーエマルションがコロイド溶液であり、牛乳と同じような理屈で乳白色をしているためである。その為、乾燥前の絵具の色は乾燥後の絵具の色に白を混ぜたような色になっている。混色で狙った色を作る為には、イメージよりもほんの少し明るめに見えるように色を混ぜると失敗が少ない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *