付立筆

付立という技法に使われる筆の総称。

付立技法とは、日本画の技法で筆に含ませる墨、絵具、水の加減で一つの筆の中で濃淡をつけて描く描法。
筆をねかせて筆の腹を使って描くので、それに適した付立筆を必要とする。
付立の技法は円山派・四条派などの花鳥画に多く見られる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *