揮発性油

揮発油。溶剤。
鉱物性のものではペトロール、植物性ではテレピン(ターペンタイン)が代表的。
これらの油は最終的に画面上には残らず揮発する。

油彩で筆の運びを軽くしたり、おつゆ描きで使用するが、混ぜすぎると絵具の固着力を弱めるので使いすぎに注意する。

オイルパステルや油性色鉛筆でも上からこすりつけることによりぼかしの効果が得られる(透明水彩と油彩の中間のような効果を出すことができる)。

また、油絵具が服などについてしまった場合、揮発性油をしみこませた布でたたき出すことで応急処置ができる。
ひどい汚れは落ちきらないため、その後リムーバー(ストリッパー)で更に汚れを落とした後にクリーニング店に持ち込む。

揮発性油は原料によりさまざまな種類があり、ペトロール、テレピン、ターペンタイン、アルファ(α)ピネン、ラベンダーオイル(スパイクオイル、アスピックオイル、スパイクラベンダーオイル)などがある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *