グラデーション

物の形や色合いを徐々に変化させて、規則的なまとまりと同時に変化を出す手法。グラデ。
色の濃淡や階調、濃淡やぼかしの事にグラデーションという言葉が使われる場合が多いが、形の面でもグラデーションは成立する。
網点による表現や点描技法の場合、形のグラデーション=色のグラデーションになる。

クラッキング

わざと画面に亀裂を生じさせる技法。トールペイントで古びた風合いを出すのに良く使われる。他の画材でもひび割れを起こすことができるが、どんな画材でも絵の具の剥落の原因になりやすく、耐久性がないので保存性を重視した作品には向きません。

トールペイント…専用のメディウムがあります。
日本画…にかわをわざと濃くして多めにに塗りつけたり、たらしたりします。剥離することもあるのできれいな亀裂は難しいです。
ポスターカラー、ガッシュ…そのまま厚塗りをします。剥離することもあるのできれいな亀裂は難しいです。
アクリル…トールペイント用のアクリル系クラッキングメディウムが使えます。
油彩…ジンクホワイトを地塗りとして使用すると亀裂を生じますが、剥離することもあるのできれいな亀裂は難しいです。

透明水彩でクラッキングができるのかどうかは不明です。気が向いたら挑戦してみます。

グラッフィート

スグラフィート。ズグラッフィト。スクラッチ。ひっかき。
何層かに重ねた絵の具の上から、先の尖ったものでひっかく事によって一番下の絵の具の色を見せる技法。
油絵やアクリルでも行われる技法だが、良く幼稚園や小学校でクレヨンを使ってやるので馴染みのある人も多いはず。

銀箔

銀を薄く延ばして作った箔。
時間が経つと銀が酸化して黒く変化する。
使用する段階から黒く変化させたい場合は硫黄に触れさせると黒く変化させる事ができ、そうやって銀を酸化させる事を「銀を焼く」という。真っ黒にしたい場合は六一〇ハップ(硫黄を含む入浴剤)を原液のままかけると早い。軽く焼くだけの場合は必要に応じて薄めて使う。にきび用の化粧水・石鹸等で硫黄が含まれているものも使え、こちらは穏やかな焼き加減で失敗が少ない。

金箔

金を薄く延ばして作った箔の一種。金箔に使われている金属はどれも純金ではなく、純金に銀を加えて性質を変えた後に色味を戻す為の銅をごく少量加えて作られています。合金率(どれだけ金を含んでいるか)の違いにより色合いや性質が異なり、一般的には合金率の高い順に五毛色、1号、2号、3号、4号、青金箔、水金箔と呼ばれています。更に五毛色~4号色までの金箔を(金の量が多く青金箔や水金箔に比べて赤く見えることから)赤金箔と呼びます。

木枠

キャンバスを張る為に使う木でできた枠の事。キャンバス地をタックスでこの枠に固定して使う。大抵の木枠は四本の角材に分解できるようになっているが、安価な既製張りキャンバスに使われている木枠は分解できない事もある。